養豚のプラント設計・コンサルティングのスペシャリスト コーンテック

コーンベルト

アメリカは世界最大の食糧生産国であり広大な土地資源を元に近代的に機械化された大規 模農場によって農業は営まれていることが多い。

アメリカの穀物輸出量は世界の三割にのぼり世界のパンかごと呼ばれている。

主な作物の生産を見ると小麦の生産量は逆援助のおよそ 9,4%にあたり世界三位、とうも ろこしは 41,4%で世界一。
大豆の生産量は 41,2%で世界一。
綿花は 20,8%で世界二位である。オレンジも 18,2%で世界二位。
牛肉は 18,9%で世界一である。
豚肉は 9,3%で世界二位である(データは 2004 年度)。

五大湖の南西に広がる地域では開拓農民が家族規模の小規模な農業でとうもろこしや、小 麦、牧草などを生産しつつ、牛や豚などの家畜を飼育した。 このような混合農業地帯はコーンベルトと呼ばれている。

続きは下記PDFをご覧下さい。

お問い合わせは「お問い合わせフォーム」より承っております。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

info@corntec.jp

お問い合わせ